がん検診について

子宮頸がんは予防できるがんです。

子宮頸がんを予防するためには、定期的な子宮がん検診の受診が効果的です。
また、あなたのからだを子宮頸がんの発症から長期にわたって守ってくれる、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)が、一般の医療機関で接種できるようになったことをご存知ですか?この子宮頸がん予防ワクチン、実は海外ではすでに100カ国以上で使用されているものなのです。
子宮がん検診とHPVワクチンを組み合わせると、より確実に子宮頸がんを防ぐことができます。

子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルスというウイルスの感染です。

多くの場合、性交渉によって感染すると考えられていて、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)は、すべての女性の約80%が一生に一度は感染していると報告があるほどとてもありふれたウイルス。このため、性行動のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っています。


婦人科のがん


子宮頸がん

初期のうちは無症状ですが、進行するとおりものが増えたり、不正出血を起こしたりします。 検査は子宮頸部の細胞をこすり取り、顕微鏡で細胞の状態を調べます。 子宮がん検診とよばれているものはこの検査のことです。

子宮体がん

子宮頸がんよりも奥にできるので発見されにくい上に、子宮がんに占める割合が最近増加してきています。肥 満・高血圧・糖尿病・未経産の方に多いと言われています。
超音波でもわかることがありますので定期的に検診されることが大切でしょう。

卵巣がん

卵巣は子宮の左右一対ずつついている親指の先ぐらいの小さな臓器です。卵巣はおなかの中にあるため、かなり進行して卵巣が腫れたり、腹水がたまったりしてからでないと発見されにくいのが卵巣がんの特徴です。当クリニックでは子宮がん検診時に原則卵巣チェックもしております。



■診察時間

月・火・木・金
午前9:00〜12:00、午後17:00〜20:00

水・土
午前9:00〜12:00

■休診日

日・祝

■アクセス

【電車でお越しの方】

JR山陰本線 二条駅東出口から御池通を東へ徒歩約3分

地下鉄東西線 二条駅JR連絡通路から御池通を東へ徒歩約3分

詳しく見る

■問診票・チェックシート
ダウンロード(pdf)

通常クリニックで記入いただく問診票・チェックシートを必要に応じてプリントアウト・ご記入いただき、診察の際にお持ちいただくとスムーズです。